熊本の交通事故治療・むちうち治療で月間80人が通っています

固定症状と告げられても|2015/04/08

交通事故治療には固定症状という概念があります。
これ以上改善が見込めない、
或いはもうこれで自賠責保険での治療は終了ですよ、
という決まりです。
ところが、怪我が改善していないのに固定症状になってしまった方もいて、
悩んでいらっしゃいます。
固定症状になってしまうと自賠責保険は適用しません。
しかし、交通事故の怪我は早期に改善しないと、
日常生活に戻るまでの期間が長くかかりますし、
慢性化しても困りますので、
自賠責保険が適用しなくても、当院でむちうちを改善しましょう。
患者様の声で頂くのは
もっと早く甲斐整骨院を知っておけばよかった!
というものです。
交通事故から数ヶ月後に来院され、
保険会社から固定症状について話が無い方も、
通院期間が長引いてはいけないので、
駆け込むような感じで施術を受けられています。
通院が長引くと日常生活がスムーズに行えないですし、
交通事故治療は早期に来院された方が、
通院期間も短くてすみます。
熊本市の交通事故専門院である当院は
初回の問診で通院のメドと回数をご提案し、
悪戯に通院期間を延ばすようなことはしません。
通院期間、回数の提示を心がけているのは
患者様の不安感を取り除きたいからです。
交通事故に遭って
一進一退を繰り返しながら改善する体は
すぐに良くなるのではなく、段階が必要ですが、
治療計画をしっかりと立てて、見極めることが
プロの仕事だと思います。
固定症状と告げられる前に出会えなかった患者様も
自賠責保険が適用できないケースの交通事故患者様も
是非、当院へ起こしください。


熊本交通事故むちうち治療院公式サイトへ

TOPへ戻る