熊本の交通事故治療・むちうち治療で月間80人が通っています

注意!雪道のスリップ事故!|2014/02/21

熊本市の甲斐整骨院です。

冬型の気圧配置により全国各地で降雪がありましたね。

中でも甲信地方の山梨県では街の機能が停止してしまい、

大雪の影響で多くの車が立ち往生してしまったのですが

某パン会社ドライバーの英断のニュースは記憶に新しいところです。

ここ、熊本県でも

阿蘇地域の積雪・凍結によるスリップ事故が多発しており

チェーン等の滑り止め対策や徐行運転の注意喚起を行なっています。

路面が凍結したり積雪が多くなる冬季には

交通事故の半数以上をスリップ事故が占めます。

雪道でのスリップ事故は、通常のスリップ事故よりも制動距離が長くなるため

すぐに停車できず、その分衝撃が大きくなってしまう傾向にあります。

衝突事故による身体への衝撃は

衝撃が大きければ大きいほど、ダメージが大きいのですが

その負担に気付かず、そのまま放置していると

取り返しの付かない後遺症が残るケースも少なくありません。

実際に甲斐整骨院治療を受けられたお客様の中に

『手術以外に方法はない』と病院で勧められ、

どうしようもなくなってここへたどり着かれた方がいます。

幸い、当院治療を行なった結果

治療日数は掛かったものの、

大きな後遺症として残らず、

今ではすっかり元気になられました。

安全運転は常に心がけなければいけないものですが

この時期の運転は、特に安全に気をつけましょう。

熊本市甲斐整骨院からのお願いでした。



熊本交通事故むちうち治療院公式サイトへ

TOPへ戻る