熊本の交通事故治療・むちうち治療で月間80人が通っています

交通事故だけではないむちうち症|2014/01/09

明けましておめでとうございます!
 
熊本市の甲斐整骨院です。
 

旧年中は大変お世話になりました。

本年も尚一層のお引き立てとご愛顧の程
お願い申し上げます。

 

さて、いよいよ新年ですね。

皆さんはどのようなお正月を過ごされましたか?

 

今年の冬は、ウィンタースポーツをたくさん満喫しましたよ♪

スノボにも初めてチャレンジしたのですが、

両足をガッチリと板に固定され、自由に体が動かせなかったせいか

ぎこちない滑りを繰り返しておりました。

 

おかげで翌日は全身筋肉痛!

普段使い慣れない筋肉を使ったせいか

体の節々が悲鳴を上げていました。

 

それでも次回こそは!と

性懲りもなくメラメラと闘志を燃やすのは

負けず嫌いなのか楽観主義の性分なのか・・・。

 

さて、ウィンタースポーツといえば

代表的なものが、先にも挙げたスノーボード、

スキー、スケートなど、雪あっての

この季節ならではのスポーツが圧倒的に多いですね。

 

あまりご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが

これらのスポーツで転倒したり、衝突したりして

むち打ち症になる方も多いんですよ。

 

むちうち症は一般的に交通事故のイメージが強いと思いますが

実はそれだけではないんですね。

 

そもそもむちうち症とは、

大きな衝撃により首が後方へ強く反返り、

さらに反動で前方に振り戻され、

そのときに筋肉が引き伸ばされることにより

頚部に損傷を負うことをいいます。

 

さらに、むちうち症の怖いところは、

最初に出ていなかった症状が

日を追うごとに徐々にあらわれてくることで、

初期段階では軽い痛み程度だったものが

やがて、しびれ、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状に転じ

重症化すれば、最悪の場合、先の症状やマヒが残って

後遺症としてなってしまう場合もあります。

 

何はともあれ、早め早めの治療が功を奏します

若いから、体力には自信があるからといって過信せずに

初期治療を常に心がけましょうね!



熊本交通事故むちうち治療院公式サイトへ

TOPへ戻る