熊本の交通事故治療・むちうち治療で月間80人が通っています

ながら運転はやめましょう!|2013/11/26

最近、駅周辺や繁華街を歩くと、
年賀状の路上販売を見かけるのですが、
この光景を目にすると、いよいよ年の瀬を感じます。

最近では、年末年始の挨拶をメールや電話で済ませる人も多いようですが、
実体のない通信上のやり取りが多いこのご時勢、
時間と労力を掛けて、実際目で見て手で触れることのできる手書きのメッセージは、
むしろ貴重なものにさえ思えてきます。

さて、多忙を極める現代人。
そんな彼らのコミュニケーションに欠かせないのが携帯電話ですが、
最近、携帯電話使用中による交通事故が増えているようです。

その理由とは、「ラインに夢中になっていた」、「検索に手間取っていた」など
意外にも、通話より画面を見る作業の方が多いようです。

想像してみてください。
仮にそんな前方不注意の後続車に追突されてしまった場合、
どうなると思いますか?

無防備な体への突然の衝撃、体への負担は計り知れません。

このことから、交通事故後遺症の代名詞ともいえる「ムチウチ」が多い由縁もわかりますね。
瞬間的な激しい衝撃が加わると、首が前後左右にムチのようにしなり、
筋肉や腱を傷つけてしまうからです。

甲斐整骨院では、そんなムチウチの症状に、独自の治療法を用いた施術で対応します。
多くの治療実績と熟練した業で、つらいムチウチの症状を緩和します。

どうぞ「ながら運転」にはくれぐれもご注意を!
歩行者様も、そして運転しているあなた自身も・・・ね!



熊本交通事故むちうち治療院公式サイトへ

交通事故リアル目撃|2013/11/12

「あっ!危ない!!」

先日、声にならない叫びというものをリアルに体験しました。

とっさの時に声が出なくなるって本当なんですね。

心の中でわたしは何度、「危ない!」を繰り返したことでしょう。

けれど、事故は目の前で起こってしまいました。

 

用事を済ませた帰り、時計を見ると7時半を過ぎていたので

今夜はいつもより遅い晩御飯になるなと思いながら

帰路へ急いでいた時のことでした。

 

夜になると、灯りが乏しくなって見通しの悪くなるバス道。

そのバス道で、車線変更(Uターン)をしようとした車と

直進してきたバイクが、目の前で接触事故を起こしました。

 

わたしには、車の車線変更のタイミングが悪かったように見えました。

直進してきたバイクも、スピードを出していたので直前で止まれなかったようです。

車の側面に突っ込むようにしてぶつかりました。

 

「大丈夫ですか?!」

一心不乱にそう叫びながら、両者へと駆け寄りました。

幸いお二人にケガはなかったようで、思ったより落ちついていらっしゃいました。

保険会社に連絡した後、近くの交番に行くと仰っていました。

 

ムチウチに詳しい者として、

「今どこも悪くなくても、数日経って症状があらわれる場合があるので

必ず病院で診てもらった方がいい」とアドバイスさせて頂き、その場を後にしました。

 

交通事故って本当に怖いですね。

リアルに事故を目撃して、身をもって実感させられました。

けれど、今回に限っては、

お二人にケガがなかったということで、不幸中の幸いといえるでしょう。

 

皆さんも、見通しの悪い夜の運転はお気をつけて!



熊本交通事故むちうち治療院公式サイトへ

TOPへ戻る